酵素の知識

酵素には上限がある

酵素が不足するとさまざまな健康や美容に対して不調を招いてしまいます。

不足する前に食べ物から摂取しておくことがおすすめなのですが、体内でも酵素は生成することができます

 

 

酵素の数はおよそ2000種とも言われており、それらすべてが特定の作用を持つとされています。

口から食べ物を入れると、まず口のなかではアミラーゼという消化酵素が分泌され、胃の中でもペプシンという消化酵素が分泌されて順を追うごとに分解されていきます。

さらに、膵臓から分泌されるキモトリプシン、エラスターゼ、トリプシン、カルボキシペプシターゼといった酵素の働きで、小腸ではタンパク質がアミノ酸やオリゴペプチドに変わり体内へと吸収されていくのです。

 

これらのように体内で化学反応を起こして作用するのが酵素の主な働きです。

逆に言うとこれらに使われる酵素が足りなくなってしまえば分解と吸収が遅くなってしまうだけでなく、栄養素がまともに吸収できないという問題に直面してしてしまいます。

 

体内で合成できる酵素の数には上限があり、年齢とともに減少していくと言われています。

40代ともなると20代の半分以下の酵素量であるという話もあるようです。

 

ということは30代だったら、まだその減少を比較的食い止められるもしくは安定させることができるということ。

 

人が一生でつくれる酵素は限られているという話があります。

酵素を生成できなくなった時点で死んでしまうと。

 

そんな上限がある酵素なのに、大切に使っていかなくてはもったいないと思いませんか。

ちょっとした食欲や、無意識なストレスのせいで酵素をつかってしまうことは本当にもったいないことです。

 

現代では健康補助食品などのかんたんに補えるアイテムもたくさん増えています。

食事で補うことが難しいとしても、何かしらの方法や対策は練るべきで、眼をそむけてはいけません。

後で後悔しないように、今を大切に生きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です