酵素の摂取方法, 酵素の知識

3種類の酵素とは

酵素は大きく分けて、

・食物酵素
・消化酵素
・代謝酵素

の3種類の酵素に分類されます。

 

 

食物酵素とは食べ物から得られる酵素のこと。

食物自身で自己消化をすることもでき、消化酵素の節約に役立つのが食物酵素なのです。

熱に弱いので50度を越えた熱を加えてしまうと酵素は壊れてしまうため、ほとんど生の状態で取り入れることができるかが大きなポイント

パイナップル、バナナ、キウイなどに多く含まれていると言われていますね。

新鮮な生もの以外でいったら、発酵食品もあげられますね。

日本には多くの発酵食品がありますが、味噌、納豆、漬物など、これらからも豊富に摂取することができます。

しかし味噌や漬物は塩分も多いため、積極的に摂るのは難しく、なかには習慣病で控えているという方もいるかもしれません。

 

つぎに、消化酵素とはそのままの意味で消化するための酵素です。

食べ物の消化や体内への吸収活動には必要不可欠で、唾液に含まれていることで知られるアミラーゼも消化酵素の一つです。

代謝酵素よりも優位に働き、消化酵素がなければ消化ができないだけでなく、栄養の吸収もできなくなってしまいます。

食事に含まれている添加物などが多いほど消費量が多くなり、体内の酵素不足を招きます。

欧米食が定着している今、生きるためにも食事の見直しが必要とされています。

食物酵素と協力することで、不完全な抹消化物をつくらせずに食べ物の分解と吸収をスムーズにすることもできます。

 

最後に、代謝酵素とは生命活動を全般的に行う酵素です。

消化も生命活動の維持には欠かせませんが、代謝酵素は細胞の再生や、呼吸、手足を動かすこと、病気にならないための体つくり、自然治癒力の維持、などさまざまな活動のもとに使われます。

この酵素も不足するとさまざまな活動が鈍くなり、不調の原因を招きます。

とくに代謝が落ちることは消費エネルギーが減ってしまうため、普段の生活と変わらないことをしていても、太ってしまうなどの現象が起こります。

消化酵素よりも優先順位が低いため、消化酵素で散々酵素を使い果たしてしまうと、代謝に回る酵素は不足しやすくなります。

 

これらのような酵素によって人の体は活動できるのですが、

現代ではさまざまな要因で酵素が不足しやすくなっています。

体内で合成する酵素だけでは足りないことも多いため、食べ物から上手く摂取していくことが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です