酵素の摂取方法

甘酒には酵素がたくさん入ってる?


お正月やひな祭りに振舞われる甘酒。

ダイエットにも良いらしい、ということから一時ブームにもなりましたね。

「甘酒」という名前に対してアルコールが含まれていないこともあり、子供のころは興味本位に進んで飲んでみたことがある方もいるのではないでしょうか?

 

この甘酒、酒粕や麹から作られており、どちらも酵素を含有しているため、酵素目的で飲用している方もいるのだそうです。

ちなみにどういった種類なのか、ご紹介していきましょう。

 

【酒粕甘酒タイプ】

酒粕とお湯を混ぜ合わせたものに、加熱を加えながら砂糖を追加して、人に立ちしたら完成。

なんともかんたんな作り方のため、ご家庭で作って飲むこともできます。

酒粕の文字通り、酒を造った時のカスであるため微量ですがアルコールを含んでいます。

麹で作られた甘酒と比べて、ビタミンや食物繊維が多めに含まれています。

 

【麹甘酒タイプ】
麹と水を混ぜ合わせ、60℃の温度設定で5時間~8時間保温したら完成。

このあとミキサーにかけると麹がくだけて口当たりがよくなり飲みやすくなります。

60℃、ということで炊飯器でもつくれるらしく、作り方を探すとすぐにでてきました。
麹甘酒のつくりかた

古くから作られているのがこの麹甘酒タイプ。

昔は砂糖なんてものは高級品の類、ましてやさらに時代をさかのぼると手に入れる方法すらありません。

砂糖が入っていないのであればカロリーは低い?と思われる方も多いと思いますが、そこは完全に想像通り、砂糖が入っているより断然カロリーは低いです

しかし米から作られているということで炭水化物も多め。

アルコールはまったく含まれていないため、妊婦さんや小さなお子さんでも安心して飲むことができます。

 

上記を見てわかるように、酒粕タイプと麹タイプでは、砂糖が入っているか否かで分類されています。

でも麹甘酒も、甘いと言えば甘いですよね。

ではなぜ甘いのか?それはお米に含まれている、でんぷんによる仕業です。

こうじ菌はでんぷん質をブドウ糖(甘み)に変えてしまう、という性質を持っているため、お米の状態よりも分解されている分甘く感じてしまうんです。

 

甘酒は飲む点滴ともいわれているように、どちらも酵素を豊富に含んでおり体に良いことは間違いありません。

でもダイエットという目的の視点で言うなら、自然な甘味をつかうことで砂糖を使っていない、麹甘酒のほうがダイエットにもっとも向いているということが言えます。

美容に関して言うと逆ですね。酒粕のほうがビタミンB群やトリアシルグリセロール、タンパク質、スフィンゴ脂質、セラミド、プロリンなどを含んでいるため美容目的であれば酒粕甘酒のほうが向いています。

ちなみに甘酒そのものが苦手という方は、塩を加えて塩酒粕をつくって料理に加えてみたり、ということもおすすめです。

美容目的以外にも、栄養不足が気になるお子さんや、病気などで体が弱り食事があまりできない、という時でも甘酒は使える機会がありそうですね。

酵素の摂取方法, 酵素の知識

酵素ダイエットするならベルタ酵素がおすすめ

酵素を使ったダイエットは、メディアから火が付き今では定番のダイエット方法となっています。

なぜ酵素をつかってダイエットする必要があるのかというと、

酵素が不足することで人体の基礎代謝が下がり、太りやすくなってしまうため、

この負の連鎖を断ち切らないことには痩せにくいといわれているからです。

 

食事から摂取することもできますが、およそ50℃前後の熱を与えてしまうと酵素は死んでしまいます。

だったら新鮮な生のまま摂ってしまえばいい、ということになりますが、多くの人がこの手間のせいで食事から摂取することが続かずに断念してしまうのです。

 

発酵食品を利用しているという方もいますが、血圧が高めの方や制限されている方だと長く摂り続けるのは難しいと言えるでしょう。

 

じゃあどうしたら…。

と考えてしまいますが、答えは簡単、酵素ドリンクで補ってしまえばいいのです。

 

酵素ドリンクとは酵素の入った健康食品のことで、今では数多くの製品が販売されています。

そのなかでもベルタ酵素は優秀な酵素ドリンクの一つで、酵素数が業界一を誇っていることや、熱に弱い酵素をより効率的に摂取できるように、エンザミンという熱にも酸にも強い酵素を低分子で配合しています。

 

 

さらに、ベルタ酵素には他酵素商品と大きく違った取り組みとして、ドリンクのなかに美容成分を含有していることも大きなポイントです。

それだけ成分が効果であれば価格もそれなりにするのでは?と思われる方もいるとは思いますが、馬プラセンタ、ヒアルロン酸など優れた美容成分だけを配合しているため一切の無駄がありません。

だからお値段も良心的

ダイエットや健康のためだけではなく、美容にも大きな変化がほしいという方にはおすすめできる商品です。

実際にどのような効果があるのか気になる方は「ベルタ酵素 口コミ」を参考にしてみましょう。

 

また、酵素ドリンクとは名乗ってはいても、酵素が失活している酵素ドリンクもふつうに出回っているそうなのでメーカーや商品を選ぶときには注意が必要です。

その点ベルタ酵素は信頼と実績がありますから、いつでも新鮮な生きた酵素を購入することができ、安全面でも非常にオススメとなっています。

酵素の摂取方法

サプリとドリンクの違い~ファスティングのやりやすさ~

酵素を補う上で、食べ物から摂る方法と健康食品から摂る方法がありますが、食べ物から摂る方法では酵素の摂取が難しいため(酵素は酸や熱に弱い)、健康食品で補う方法をとる方も多いと思います。

 

 

ここで迷うのが、酵素ドリンクと酵素サプリ。

 

どちらも製品にして販売している業者もありますが、その内容はほぼ一緒です。

摂取の仕方が違うだけで、栄養素が全く違うということはほとんどありません。

 

ドリンクタイプとサプリタイプの特徴を見てみましょう。

【酵素ドリンクタイプ】

・液状で飲みやすい
・独特な味や匂いがある場合が多い
・持ち運ぶためにはボトルなどが必要
・他飲料と割って飲むことが多くお腹が膨れやすい
・空腹感が紛れやすい
・ファスティングによく使われている

 

【酵素サプリタイプ】

・水さえあればいつでも飲める
・味や匂いが少なく飲みやすい
・コンパクトで持ち運びができる
・カプセルや錠剤タイプがある
・食べた感がなく、満腹感が得られにくい
・保存がかんたん

製造しているメーカーによっても変わりますが、ここでは細かいことは伏せてお話しています。

どちらにもメリットやデメリットが存在しますが、酵素を摂る目的がはっきりしていれば、迷うことはないと思います。

 

継続は力なりです。

どのタイプがより続けやすいか、購入の前に一度じっくり考えてみてくださいね。

酵素の摂取方法, 酵素の知識

40代に突入する前に摂っておくことが大事

赤ちゃんには、あの小さな体でありながら、年配者に比べて数百倍ともいわれる酵素が体内に存在していると言われています。

酵素は年齢を重ねるとともに減っていってしまうもの。

20代を目安に多くの人の体内酵素が減少してしまいます。

40代であればその数は20代の半分以下であるとの声も。

 

だからこそ、酵素は早い段階で取り入れておかなければならないもので、30代ともなれば、食材以外からも摂取することが自ずと必要になってくるのです。

 

酵素はタンパク質の一種とされ、細胞内の有機化合物に働きかけて、色々な化学反応を起こすことで生体の生命維持を担っています。

 

とくに消化酵素と代謝酵素はダイエットと深く関係しており、代謝酵素の量が多ければ代謝が活性化されて循環もよくなるのですが、食べ物の消化に使う消化酵素の量が多ければ、代謝酵素に回す酵素が足りなくなってしまうため、代謝で行われるエネルギー消費活動が減ってしまうのです。

 

それを補うためにも食物酵素が必要で、食物酵素は消化酵素の手助けをして酵素の消費を減らし、より多くの酵素で代謝酵素を生産することができるようになります。

 

このように酵素の循環が改善されれば、肌の再生を促したり、ウイルスなどに侵されないつよい体を手に入れたりと、ダイエットだけではない多くのメリットが期待できます。

 

美しいプロポーションは古今東西どこでも理想とされるものです。

自分には遠い存在だと諦めず、体内から美しさを手に入れてみませんか。

酵素は毎日必要となるものです。いつからはじめても遅いことはありません。

酵素の摂取方法

おすすめの摂取方法【ドリンク・サプリ・食事】

無駄な肉のない理想の体を手に入れようと奮闘している方も多いと思いますが、効果が思ったより現れず悔しい思いをしている方も中にはいると思います。

とくに食欲はコントロールすることが難しく、一定期間を我慢するとリバウンドが待っているということも少なくありません。

そんな時には酵素をつかった食のコントロールをおこなってみましょう。

 

 

酵素は食事だけでなく、ドリンクやサプリメントといった健康食品からも摂取することができます。

食事では補いにくい酵素も、ドリンクとサプリであれば簡単に体内に入れることができ、商品によっては吸収されやすいように工夫もされていますから酵素が死んでしまうということもありません。

 

ドリンクタイプとサプリタイプとではメリットやデメリットがまるで違うため、それぞれの生活習慣に合ったものを選ぶことで効果を高めることができます。

 

たとえば酵素ドリンクで補う場合、腹持ちもあるためファスティングとの相性が良く、短期間で痩せることも可能となります。

大体の酵素ドリンクはなにか別の食品といっしょに組み合わせて摂ることも多いため、満腹感も得られやすく、空腹感をまぎれさせてくれます。

 

酵素サプリで補う場合であれば、持ち運びが便利であるため、外出先でも取り入れやすく、長い期間で行う体質改善向いているということが言えます。

ながく摂取し続けることで体内からの大きな変化が期待できますし、運動の前に飲むなど、ファスティングといった制限を取り入れなくてもじわじわと体重を落とすことも可能です。

 

もちろん利点だけではありませんが、上記のように自分にできそうなことから始められるのは大きなメリットです。

食事のコントロールといっしょに酵素の摂取をおこなうことで、体内が浄化され、生き生きと毎日が過ごせるようになります。

酵素の摂取方法, 酵素の知識

3種類の酵素とは

酵素は大きく分けて、

・食物酵素
・消化酵素
・代謝酵素

の3種類の酵素に分類されます。

 

 

食物酵素とは食べ物から得られる酵素のこと。

食物自身で自己消化をすることもでき、消化酵素の節約に役立つのが食物酵素なのです。

熱に弱いので50度を越えた熱を加えてしまうと酵素は壊れてしまうため、ほとんど生の状態で取り入れることができるかが大きなポイント

パイナップル、バナナ、キウイなどに多く含まれていると言われていますね。

新鮮な生もの以外でいったら、発酵食品もあげられますね。

日本には多くの発酵食品がありますが、味噌、納豆、漬物など、これらからも豊富に摂取することができます。

しかし味噌や漬物は塩分も多いため、積極的に摂るのは難しく、なかには習慣病で控えているという方もいるかもしれません。

 

つぎに、消化酵素とはそのままの意味で消化するための酵素です。

食べ物の消化や体内への吸収活動には必要不可欠で、唾液に含まれていることで知られるアミラーゼも消化酵素の一つです。

代謝酵素よりも優位に働き、消化酵素がなければ消化ができないだけでなく、栄養の吸収もできなくなってしまいます。

食事に含まれている添加物などが多いほど消費量が多くなり、体内の酵素不足を招きます。

欧米食が定着している今、生きるためにも食事の見直しが必要とされています。

食物酵素と協力することで、不完全な抹消化物をつくらせずに食べ物の分解と吸収をスムーズにすることもできます。

 

最後に、代謝酵素とは生命活動を全般的に行う酵素です。

消化も生命活動の維持には欠かせませんが、代謝酵素は細胞の再生や、呼吸、手足を動かすこと、病気にならないための体つくり、自然治癒力の維持、などさまざまな活動のもとに使われます。

この酵素も不足するとさまざまな活動が鈍くなり、不調の原因を招きます。

とくに代謝が落ちることは消費エネルギーが減ってしまうため、普段の生活と変わらないことをしていても、太ってしまうなどの現象が起こります。

消化酵素よりも優先順位が低いため、消化酵素で散々酵素を使い果たしてしまうと、代謝に回る酵素は不足しやすくなります。

 

これらのような酵素によって人の体は活動できるのですが、

現代ではさまざまな要因で酵素が不足しやすくなっています。

体内で合成する酵素だけでは足りないことも多いため、食べ物から上手く摂取していくことが必要です。