酵素の摂取方法

サプリとドリンクの違い~ファスティングのやりやすさ~

酵素を補う上で、食べ物から摂る方法と健康食品から摂る方法がありますが、食べ物から摂る方法では酵素の摂取が難しいため(酵素は酸や熱に弱い)、健康食品で補う方法をとる方も多いと思います。

 

 

ここで迷うのが、酵素ドリンクと酵素サプリ。

 

どちらも製品にして販売している業者もありますが、その内容はほぼ一緒です。

摂取の仕方が違うだけで、栄養素が全く違うということはほとんどありません。

 

ドリンクタイプとサプリタイプの特徴を見てみましょう。

【酵素ドリンクタイプ】

・液状で飲みやすい
・独特な味や匂いがある場合が多い
・持ち運ぶためにはボトルなどが必要
・他飲料と割って飲むことが多くお腹が膨れやすい
・空腹感が紛れやすい
・ファスティングによく使われている

 

【酵素サプリタイプ】

・水さえあればいつでも飲める
・味や匂いが少なく飲みやすい
・コンパクトで持ち運びができる
・カプセルや錠剤タイプがある
・食べた感がなく、満腹感が得られにくい
・保存がかんたん

製造しているメーカーによっても変わりますが、ここでは細かいことは伏せてお話しています。

どちらにもメリットやデメリットが存在しますが、酵素を摂る目的がはっきりしていれば、迷うことはないと思います。

 

継続は力なりです。

どのタイプがより続けやすいか、購入の前に一度じっくり考えてみてくださいね。

酵素の摂取方法, 酵素の知識

40代に突入する前に摂っておくことが大事

赤ちゃんには、あの小さな体でありながら、年配者に比べて数百倍ともいわれる酵素が体内に存在していると言われています。

酵素は年齢を重ねるとともに減っていってしまうもの。

20代を目安に多くの人の体内酵素が減少してしまいます。

40代であればその数は20代の半分以下であるとの声も。

 

だからこそ、酵素は早い段階で取り入れておかなければならないもので、30代ともなれば、食材以外からも摂取することが自ずと必要になってくるのです。

 

酵素はタンパク質の一種とされ、細胞内の有機化合物に働きかけて、色々な化学反応を起こすことで生体の生命維持を担っています。

 

とくに消化酵素と代謝酵素はダイエットと深く関係しており、代謝酵素の量が多ければ代謝が活性化されて循環もよくなるのですが、食べ物の消化に使う消化酵素の量が多ければ、代謝酵素に回す酵素が足りなくなってしまうため、代謝で行われるエネルギー消費活動が減ってしまうのです。

 

それを補うためにも食物酵素が必要で、食物酵素は消化酵素の手助けをして酵素の消費を減らし、より多くの酵素で代謝酵素を生産することができるようになります。

 

このように酵素の循環が改善されれば、肌の再生を促したり、ウイルスなどに侵されないつよい体を手に入れたりと、ダイエットだけではない多くのメリットが期待できます。

 

美しいプロポーションは古今東西どこでも理想とされるものです。

自分には遠い存在だと諦めず、体内から美しさを手に入れてみませんか。

酵素は毎日必要となるものです。いつからはじめても遅いことはありません。

酵素の摂取方法

おすすめの摂取方法【ドリンク・サプリ・食事】

無駄な肉のない理想の体を手に入れようと奮闘している方も多いと思いますが、効果が思ったより現れず悔しい思いをしている方も中にはいると思います。

とくに食欲はコントロールすることが難しく、一定期間を我慢するとリバウンドが待っているということも少なくありません。

そんな時には酵素をつかった食のコントロールをおこなってみましょう。

 

 

酵素は食事だけでなく、ドリンクやサプリメントといった健康食品からも摂取することができます。

食事では補いにくい酵素も、ドリンクとサプリであれば簡単に体内に入れることができ、商品によっては吸収されやすいように工夫もされていますから酵素が死んでしまうということもありません。

 

ドリンクタイプとサプリタイプとではメリットやデメリットがまるで違うため、それぞれの生活習慣に合ったものを選ぶことで効果を高めることができます。

 

たとえば酵素ドリンクで補う場合、腹持ちもあるためファスティングとの相性が良く、短期間で痩せることも可能となります。

大体の酵素ドリンクはなにか別の食品といっしょに組み合わせて摂ることも多いため、満腹感も得られやすく、空腹感をまぎれさせてくれます。

 

酵素サプリで補う場合であれば、持ち運びが便利であるため、外出先でも取り入れやすく、長い期間で行う体質改善向いているということが言えます。

ながく摂取し続けることで体内からの大きな変化が期待できますし、運動の前に飲むなど、ファスティングといった制限を取り入れなくてもじわじわと体重を落とすことも可能です。

 

もちろん利点だけではありませんが、上記のように自分にできそうなことから始められるのは大きなメリットです。

食事のコントロールといっしょに酵素の摂取をおこなうことで、体内が浄化され、生き生きと毎日が過ごせるようになります。